So-net無料ブログ作成
検索選択

家族が亡くなった時 やるべきことその2 葬儀屋さんとの打ち合わせ [冠婚葬祭]

亡くなった時、あるいは危ないときに葬儀屋さんを決める、これって家族にとっては大事なことです。

1、葬儀代の確認 安いと言われていても、請求書の金額が思わぬほど増えている場合があると言いますが、項目ごとに確認します。

うちの場合、仕事をしていたので、ある程度の人数が見えるので、そういったことも考えなくてはなりませんでした。
(ある程度と言っもやっと三桁くらいなので)

2、お通夜、告別式に見えた方に渡すお返しの品。東京では、四十九日返礼をある程度考えないで済むようにこのときに、済ませました。紅茶ケーキセットにしました。

3、告別式が済んだあとに焼き場に行ってからの手配を頼む。

 焼き場の待合室、待っている間に出す食べ物など、葬儀屋さんの手配によっては違うかもしれません。

その前に、葬儀の日にちを決めるの尾ですが、焼き場が混んでそうだったら、告別式が伸びるとか、いろいろな場合があります。うちの場合は、亡くなって一日おいて、次の日をお通夜にすると、お通夜の次の日の告別式が友引になるので、亡くなってから四日後にお通夜にしました。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。